一般NISAとつみたてNISA 長期投資の節税効果をシミュレーション

投資
スポンサーリンク

こんにちは、クローバーです。今回は一般NISAとつみたてNISAの長期投資での節税効果を計算しました。なお、投資対象はどちらも投資信託とした場合です。

5年間で投資可能な総額は一般NISAが600万円に対して、つみたてNISAは200万円と3倍もの差があります。一見すると、長期投資をする場合でも一般NISAの方が有利なのではないかと思ってしまいますね。ところが、この記事の結論は、20年後まで投資信託で運用を続けるなら積立金額に関わらずつみたてNISAの方が有利になりやすいということです。

スポンサーリンク

NISA制度の概要

NISA制度は一般NISAとつみたてNISAの2種類がありますが、それぞれ特徴があります。

一般NISAは個別の株式や投資信託に年間120万円まで投資でき、その配当金や譲渡益に掛かる税金が5年間免除されます。また、アメリカの個別株や投資信託にも投資できます。2024年からは一般NISAは新しくなり、2階建て構造になります。現行の一般NISAのうち20万円分がつみたてNISAになるようなイメージです。(ただし、非課税期間は5年ですが・・・)

つみたてNISAは一定の条件を満たす投資信託に年間40万円まで投資でき、非課税期間は20年間となります。投資対象がかなり限定されていますが、非課税期間が長い特徴があります。

一般NISA/新NISAまたはつみたてNISAのどちらか1口座を開設できる

NISAで国内の個別株やアメリカ株を購入したい方は一般NISAを選択することになると思います。

では、投資信託を積立購入する場合は一般NISAとつみたてNISAのどちらが有利になるのでしょうか。以下では年間の積立額別に一般NISAとつみたてNISAの節税効果を検証しています。

年間積立額が40万円以下の場合

1年間に積立できる余剰金が40万年(月3.3万円)までを積立する方は、特に迷わずつみたてNISAを選択すれば良いと思います。

年間積立額が120万円の場合

次に一般NISAの限度額である年間120万円分の投資信託を積立する場合を考えてみます。ここでは、計算を簡単にするために投資信託の分配金はないものとします。

つみたてNISAは年間40万円までしか利用できないので、残りの80万円は一般口座で積立することになります。一方で、一般NISAを選択した場合は最初の5年間は120万円の全額が非課税となりますが、6年目以降の運用では全額が一般口座となります。

分配金なしで計算しているので運用中はどちらも同じ運用成績となります。違いが現れるのは資金を回収するタイミングの課税額で変わってきます。

計算方法

例えば、120万円を平均利率5%で20年間運用することを考えます。20年後に投資信託を売却すると利益に対して20%の税金が掛かります。20年後の課税前の利益はどちらのNISAで運用しても約165万円になっています。

計算を簡単にするため初年度の利率も5%と設定。税率は特別復興税がないものとして20%。

税金の考え方は以下のとおりです。

  • つみたてNISA:全額非課税
  • 一般口座:20年後の資産212万円-元本80万円=132万円に対して20%の税金
  • 一般NISA:5年後に非課税期間が切れるため、元本は153万円になっている。
         その後15年の運用についての利益165万円に対して20%の税金

この条件ではつみたてNISAと一般口座を併用する方が、一般NISAを利用するよりも節税効果が高いことが分かります。一般NISAは非課税期間が過ぎてからの運用が15年間と長くなり、その影響で税金が高くなっているようです。

運用期間が20年の場合

では、20年の平均利率が変わるとどうなるでしょうか。下のグラフは投資信託の平均利率に対する税額を表しています。

20年間運用する場合は、平均利率に関わらずつみたてNISA(と一般口座)で運用する方が税金を安く抑えられるようです。

運用期間が20年未満の場合

では、運用期間が20年未満ではどうなるでしょうか。ここでは平均利率を5%で計算しています。

結果は下のグラフのように12年~13年後が分岐点となっています。言い換えると、

  • 12年以内に使用する予定がある、または利益を確定したい方は一般NISAが有利。
  • 投資信託による運用を13年以上続ける予定の方はつみたてNISAが有利。

という結果になりました。

年間投資額が60万円の場合

年間の投資額が減少するほど、つみたてNISAが有利となりやすいです。元本60万円を年5%で運用する場合なら8年目以降はつみたてNISAの方が節税効果が高くなるようです。

注意事項

  • NISA口座は利益が出れば非課税になりますが、投資信託および株式投資には元本保証がありませんので、損失が出る場合もあります。
  • シミュレーションでは一定の利率を想定して計算しましたが、毎年の利率は大きく変動します。条件によっては一般NISAとつみたてNISAの節税効果の優劣が変わることもあります。
  • 一般NISAは5年後にロールオーバーができ、元本120万円分をそのまま非課税枠に引き継ぐことができます。5年後に元本が増えていた場合は非課税枠が増えることになり、今回のシミュレーションよりも節税効果が高まります。

まとめ

投資信託を長期で積立する場合は年間40万円以上の積立額であっても、つみたてNISAで運用した方が有利になりやすいようです。将来的に使用する予定がある方は、運用年数に応じて節税効果が変わってきます。

管理人は今回のシミュレーションを信じて、つみたてNISAで積立をしていこうと思います。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。


↓宜しければ応援のクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

※本記事の内容はあくまで参考として頂き、投資は自己責任でお願いします。

株式投資体験セミナー