【検証】P-one Wizカードの実質の還元率はどれくらいか

クレジットカード 家計
スポンサーリンク

こんにちは、クローバーです。今回はP-one Wizカードの実質の還元率が気になったのでシミュレーションをしてみました。還元率は1.5%と書かれていることが多いですが、支払い条件で変わるのでその影響を調べました。

結論としては、次のすべてに該当する人にとってはメリットがあると思います。

  • Tポイントを貯めている人(使い道がある人)
  • 1回の会計が2000円以上のことが多い人
  • 独自のポイントサービスがないお店でクレジットカードを利用することが多い人
スポンサーリンク

概要

P-one Wizカードはポケットカード株式会社が発行しているリボ払い専用カードです。リボ払い専用となっていますが、webサイトの設定で残高を一括で支払うように変更できるため、一度設定を変更すれば通常のクレジットカードと同様に扱えます。

支払い設定を変更せずに利用すると借金がどんどん増えることになるので、その点は注意が必要です。

還元率

P-one Wizカードは100円ごとに1%引きとなって請求書が届きます。例えば100円を使うと、1%引きの99円が請求されることになります。

更に、1000円ごとに1ポイントの独自ポイントがもらえます。このポイントは100ポイント貯めると500円分のTポイントに交換してもらえるため、1000円で実質5円分の還元となり還元率0.5%となります。

1%の値引き + 0.5%のポイント = 還元率 1.5% となるので一見すると優秀なカードに見えますね。

しかし、ポイント付与の条件が通常のカードと異なっているという落とし穴があります。

ポイント条件

ほとんどのカードは毎月の合計支払額に対して還元率を掛けてポイント還元しています。ところがP-one Wizカードは1回の支払いごとに割引額とポイント還元を計算しますので、使い方によっては大きなデメリットとなります。

例えば99円の買い物を月に10回利用したとします。通常の1%ポイント還元のカードを利用すると、その月のポイントは 99円×10回×1%=9ポイントの還元となります。(1%のポイント還元)

次にP-one Wizカードで同様の支払をする場合です。
1回の会計は99円、その1%は0.99円となりますが小数点以下は切り捨てされるため、割引は0円です。
10回利用しても割引は0円となり、実質の還元率は0%になります。(0%の還元)

このように1回の支払い額に応じて割引額が計算されるため、実質の還元率は1.5%以下となります。また、1000円以上でないとポイント還元がつかないため、1000円未満の買い物であれば1%以下の還元率になります。

支払額と還元率

1回の決算金額と還元率は次のようになります。
(ポイントはTポイントへの交換を想定)

0円~99円・・・0.00%
100円  ・・・1.00%
199円  ・・・0.50%
999円  ・・・0.90%
1000円 ・・・1.50%
1099円 ・・・1.36%
1999円 ・・・1.20%

支払額が99円以下の場合

1回の会計が100円に満たない場合は還元率0%になります。還元率で考えると、現金払いと同じになってしまします。

支払額が100円~999円の場合

100円ごとに1%割引なので、100円~199円の場合は1円の割引きになります。
会計が100円の時は1%の還元率になりますが、199円の場合は99円分が還元対象外になるので0.5%まで下がります。(支払額の約半分しか割引されない)

百の位が大きくなれば切り捨ての影響が小さくなっていき、999円の時は還元率0.9%となります。

1000円以下で使用する場合は必ず還元率1.0%以下になります。楽天カードなど常時1%のカードの方が還元率が高くなりますね。

支払額が1000円以上の場合

1000円ごとに1ポイント(Tポイントで5ポイント分)がもらえるので、1000円以上の会計ではポイントが付与されます。

会計が1000円ちょうどの場合で10円の値引きと5円分のTポイントがもらえるので、この時に初めて1.5%の還元率になります。ただし、1000円を超えると上記で検討したように少しずつ還元率が下がり、1099円で1.36%まで下がります。

100円~999円までの場合は199円が最低還元率でしたが、1000円以上の場合はポイント分が還元率に影響してきます。なので、1999円の場合が最低還元率となり、1.20%となります。(支払額の約半分の1000円分しかポイント還元されない)

グラフにまとめるとこのようになります。

p-one wizカードの還元率(0円から1000円)
p-one wizカードの還元率(1000円から10000円)

還元率が100円ごとに階段のように上下していますが、金額が上がるにつれてブレ幅が落ち着いてきます。1回の会計が2000円以上になると1.3%未満には下がらなくなるので安定した還元率が期待できます。(Tポイントに交換する場合)

Tポイント以外に交換したい方はグラフの赤線に示したように最大でも1.3%しか還元されません。平均すると1.2%を下回ることも出てくるので1.2%還元されるリクルートカードなど他のカードの方がメリットが出てきそうです。

実際の還元率

最後に管理人のひと月の利用状況を例として、還元率を計算してみましたので紹介します。

用途は食費、電気代、スマホ代(2名義分)です。たまにamazonでの支払い分が含まれています。1000円以下の割合は比較的少ない(20%)ですが、1999円以下は40%含まれています。
このケースで試算すると1.37%の還元率になりました。
他の月の支払例も計算してみましたが、1.3~1.4%の範囲に入っていました。

まとめ

P-one wizカードの還元率は使い方によって1.5%から0%まで変動することが分かりました。会計ごとに割引を計算するため、実際の還元率はかなり低いかと思いましたが、管理人の使い方では1.3%以上と十分な還元率が期待できました。

当面はLINE VISAカードが還元率2.0%なのでメインで使用していきますが、キャンペーンが終わると還元率は1.0%に下がります。その時は、P-one wizカードをメインにする予定です。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

株式投資体験セミナー