配当+優待銘柄紹介 ~パン・パシフィック・インターナショナルHD:7532~

投資
スポンサーリンク

今回はドン・キホーテやアピタ、ピアゴを運営するパン・パシフィック・インターナショナルHD(以降、ドンキとします)を紹介します。1/11に株主優待が新設され、配当と優待を合わせて3.3%の利回りが期待できます。(2022/2/11時点)

スポンサーリンク

概要

ドンキは2000年から東証1部に上場している、小売業者です。


事業はドン・キホーテや長崎屋のディスカウントストア、アピタやピアゴの総合スーパーが有名ですが、激安堂やピカソといったドンキの凝縮版の店舗も展開しています。

セグメントはディスカウントストア、総合スーパー、テナント賃貸に3分割されており、ディスカウントが売り上げの7割を占めています。やはりドンキが主体のようですね。

利益面ではテナント賃貸の割合が大きいことが分かります。ディスカウントストアや総合スーパーは利益率が5%以下ですが、テナント賃貸は20%以上ありますので重要な収入源になっているようです。

海外事業はシンガポール、香港を中心としたアジア地域だけでなく北米にも展開しています。
利益に占める割合はアジアで4%、北米で10%と合わせて14%程度ですが、22年度はアジアで+12店舗、北米で+2店舗の拡大予定なのでまだまだ海外比率は上がってきそうです。
ちなみにパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスの名前の由来は環太平洋を意味する”pan-pacific”からきており、環太平洋地域へ出店していく決意のようです。

配当金

今期の配当金予想は16.5円ですので、現在は約1.0%の配当利回りです。
権利確定月は6月と12月ですが期末(6月)の方が高い傾向があります。

配当金の推移は増配傾向が続いており、経営計画でも累進的配当政策を基本とすると明言されています。ただ、”持続的な成長に合わせて”とも書かれているので成長が鈍化するとどうなるか分かりません。

配当性向は中期的に20%以上、長期的に30%程度としていますが、現在の配当性向は17%程度です。
コロナで先行きが不透明なので低めに設定しているのでしょうか。いずれにしても増配する余力はありそうです。

株主優待

新設された株主優待ですが、100株以上を保有するとドンキ、アピタ、ピアゴで使用できるmajicaポイントが2000円分もらえます。権利確定月は6月と12月の計2回ありますので、年間で4000円分もらえることになり、優待の利回りは2.3%となります。(2022/2/11時点)

権利確定月6月末、12月末
保有株式数100株以上
優待内容majicaポイント2000円分

導入の理由について、2022年期2Qの決算スピーチ要旨に記載されていました。
国内個人の株主比率が1%と異常に低いので、優待で個人株主を増やすことで株価を安定させたいようです。

売上高、営業利益、EPS

売上高は増加傾向です。コロナの影響で20年度から売上高増加率が鈍化していますが、何とか100%を超えている状況のようです。ドンキにとってインバウンド消費がなくなった影響は大きいようです。

営業利益も増加傾向ですが、利益率は下落傾向です。この辺もコロナの影響でしょうか。

EPS(1株当たり利益)は右肩上がりで推移しています。

キャッシュフロー

キャッシュフローは営業CFで安定的に利益を出して新店舗の固定資産取得に回しているようです。
18年度はユニーの買収と貸し付けで投資CFが大きくなっています。

自己資本比率

自己資本比率は30%程度と少し低めです。ユニーの買収あたりで下がり、その後はコロナの影響もあってか回復していないようです。

新事業について

2021年9月から金融事業も始めています。母体はユニーの子会社にあったUCSで、majica事業やクレジット事業が含まれるようです。これまでドンキのポイントはコンビニなど他社では貯まらないポイントでしたが、範囲を拡大するようです。(2022年度1Qの決算資料より)

ポイント業界は楽天やTポイントのシェアが高いですが、ソフトバンクでもTポイントから自社ポイントに切り替える動きを見せています。ドンキがどのような形で参入していくのか、今後の動向が楽しみですね。株主優待にmajicaポイントを導入したのはポイントシェア拡大の意味も含まれているのでしょうか。

今期の業績について

直近3回の決算では成長の鈍化が原因なのか、発表の直後に売られる展開が続いています。株価もかなり下がってきていますが、PERで見ると過去5年で最低の水準です。

2/10に発表された2022年度2Qでは四半期の営業利益が過去最高を更新していますが、次の決算ではオミクロン株の影響が反映されそうなのでまだまだ安心はできないかなと思います。

まとめ

優待でもらえるmajicaポイントはドンキやアピタ、ピアゴで使用できます。年2回ももらえるので近くにお店がある方には嬉しい優待ではないかと思います。今後、使えるお店が増えるとより魅力的な優待になりそうですね。

私は早速1単元購入してみましたが、妻名義での購入も検討しています。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓宜しければ応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ

※本情報は参考としていただき、投資は自己責任でお願いします。